「温泉の素.com」で取り扱う商品「湯之助の宿 長楽園 【医薬部外品】」の紹介・購入ページ
 
ログイン 新規登録
会員登録 | ログイン | 買い物かご | ポイント | サポートセンター
     
すべての商品  
県別  
業務用サイズ  
香り別  
ギフト  
お得な・・アソート・定期便  
ももの言霊  
女将のこころ  
医薬部外品  
オリジナル  
 
 
     
      0265-28-2777  
 
 
    メールはこちら
 
 
 スタッフ日記
はじめまして、「黒衣スタッフUGAUGA」です。 この度、ウェブサイトのリニューアルをいたしました。 今...
 

営業時間のご案内
支払い方法案内
配送料案内


夏に入りたいお風呂特集


お中元案内

湯之助の宿 長楽園 【医薬部外品】

商品名 : 湯之助の宿 長楽園 【医薬部外品】

商品コード : IB05 5406-001S

価格 : 840円(税込)

湯色:無  香り:なし

ポイント : 42

数量 :


 3240円以上は配送料無料※沖縄県・離島・一部地域を除く

【湯之助の宿 長楽園】
「出雲風土記」ではその豊かな効能が謳われ、「枕の草子」にも記された日本屈指の名湯・玉造温泉。その由緒ある源泉を大庭園の中でじっくりと味わえるのが、長楽園自慢の大露天風呂・龍宮の湯です。
広大な庭園に抱かれた120坪もの温泉は、日本随一の広さ。また、ゆったりとできる混浴ですので、ご夫婦・ご家族お揃いで源泉かけ流しの湯をご堪能いただけます。満々たる湯に体を浸し、贅沢に心ゆくまでお寛ぎください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

【玉造温泉について】
「神様の憩いの場だったと伝承の残る、玉造温泉」
奈良時代初期に開かれた日本でも最古の歴史をもつ玉造温泉は、大国主命とともに国造りをした少彦名命が発見、神代の頃からあったという言い伝えがあります。
出雲風土記(天平5年/733年)には「ひとたび濯げば形容端正しく、再び浴すれば万の病ここぞとに除こる」とあり、そのため「神の湯」とも呼ばれ川辺に湧き出す湯に老若男女が集い市の様な賑わいだったと書かれています。

「神様の憩いの場だったと伝承の残る、玉造温泉」
平安時代には「玉造」の名は京の都まで届き、貴族の間でも評判になっていたと清少納言は「枕草子」で触れています。
中世では「玉造温泉湯之由来」に、今も温泉街にある湯薬師堂の縁起が次のように記されています。
「鎌倉時代の終わり頃、川辺の出湯(玉造温泉)は洪水で埋まっていた。ある時、富士名判官義綱公が病を得てふせっていたところ、家臣綱久の夢枕に白髪の老人がたち「玉作川に温泉あり。これを浴びれば主君の病は癒える」と予言した。
川を堀たところ薬師如来像を発見し、温泉が湧き出し、義綱公がこのお湯に浸かったところ病気もたちまち快癒。 喜んだ義綱公が薬師如来像を祭るお堂を建て、湯船や上屋を造りました。

「江戸時代、松江藩主も愛した玉造温泉」
江戸時代、松江藩は泉質もよく環境にも恵まれた玉造温泉に別荘「お茶屋」を設け、代々の藩主が静養に訪れました。
またそのころ、湯どころには温泉の管理者「湯之助」が現れ、玉造温泉でも元湯・公衆浴場の管理、湯賃の取り立てなどを松江藩から任された「湯之助」が大きな力をもち玉造温泉の一切を取り仕切りました。
その体制は明治維新で松江藩が解体されるまで続きました。

「現在の玉造温泉」
「湯之助」の官職がなくなると温泉掘削も民間に委ねられ、各旅館が競って泉源を掘りました。
その間、明治42年に松江宍道間の鉄道が敷かれ、明治45年には山陰線京都今市間が開通。 玉湯川の土手の桜もこのころ植樹され全国からお客様を迎えるようになり、今に至ります。

【ご使用上の注意】
温泉の素は「湯之助の宿 長楽園」の温泉分析値を基にブレンドしたオリジナル品で、源泉ではありません。
「雰囲気を楽しむ」ことを目的とした商品です。
・温泉の素250g[10回分] 浴槽200ℓに対して温泉の素をスプーン1杯をお入れ下さい。

効果効能:あせも、荒れ性、うちみ、くじき、肩のこり、神経痛、にきび、しもやけ、冷え性、腰痛、痔、リウマチ、疲労回復、ひび、あかぎれ、産前産後の冷え性、しっしん

●入浴以外の用途には使用しないで下さい。
●開封後はすぐにお使い下さい。
●本品と他の入浴剤の併用はお避け下さい。
●乳幼児の手の届かない所に保管して下さい。
●高温多湿の場所、直射日光のあたる場所に保管しないで下さい。
●商品の特性上、稀に中身が変色したり固まることがありますが、品質には問題ありません。
●本品は食べられません。万一、大量に飲み込んだ時は、水を飲ませるなどの処置をし、医師にご相談して下さい。
●目に入った時は、すぐに清水で洗い流して医師にご相談下さい。
●皮膚、体質に異常がある時は医師に相談してご使用下さい。
●使用中や使用後、皮膚に発疹、発赤、痒み、刺激感等の異常が現われた場合はただちに使用を中止し、医師にご相談下さい。
●濡れた手や身体に直接粉末が付かないようにして下さい。
●滑りやすくなりますので、ご注意下さい。
●貴金属は外してから入浴して下さい。
●24時間風呂など、機種によっては使用できない場合があります。お使いの機種の説明書を確認の上ご使用下さい。
●浴槽の汚れは速やかに浴室用洗剤で落として下さい。時間の経過とともに落ちにくくなり、商品の色素が付着して色がつく場合もあります。
●残り湯は洗濯にご使用になれますが、すすぎは清水をお使い下さい。ただし次の場合は使用しないで下さい。(柔軟仕上げ剤との併用・おろしたての衣類の洗濯・つけおき洗い)
●動物、植物への水やりには使わないで下さい。

【温泉の素 販売者】『湯之助の宿 長楽園』
〒699-0201 島根県松江市玉湯町玉造323
TEL:0852-62-0111 FAX:0852-62-0115

【温泉の素 製造販売元】温泉の素.com株式会社
〒395-0156 長野県飯田市中村6-3
TEL:0265-28-2777 FAX:0265-28-2011

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

Copyright © 温泉の素.com All Rights Reserved.     0265-28-2777
商号名 : 抗菌美装株式会社   代表 : 鈴木健太郎
個人情報保護ポリシー 個人情報担当者 : 鈴木健太郎  特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 長野県飯田市中村6-3